対等である

DSC_0140.jpg
私の周りでは今、旬なテーマ。
ワークで『100%の自分』と『等身大の自分』ということをよく言われる。
私の中での理解は『100パーセント』=『等身大』=『ありのまま』。

大きく背伸びをすることもなく小さく萎縮することもなく、
目線を下げることとも違う。
ずいぶん勘違いしていた。

100%等身大でありのままの自分を与えられたなら
思い通りの結果が得られなくても
たとえ悲しみや怒りを感じても
最後にあるのはそれを上回る満足感(愛)だと思う。
それは自分への信頼(自信)につながっていくんだと思う。
そして自分の愛が拡大していくという感じがする。



新しい愛の形

DSC_0002.jpg
助けを求めることは弱い自分を認めるようで、人に迷惑をかけるようで嫌だったんだけど
自分の弱さを認めることが自分の強さに変わるということを知って
さほど抵抗が無くなってきていた今日この頃。
そんな折、私が助けを求めることが相手の助けにもなっていることが分かった。
自分にも相手にも力(愛)が『ある』ということを思い出すことができる。
そして自分にも相手にも『ある』というところでのサポートが本当のサポートになる。

takeを含んだ『give and give』の関係。

What a wonderful world
(↑最近のマイブーム)


最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター