試み

img475.jpg

いつもはフジのフィルムを使ってますが
今日はコダックのポートラを入れて出かけました。
あるサイトを見て透明感のある発色と軽さに試してみたくなりました。
自分が想像している感じに絵(色)が出てくるかな〜。
ちなみにこの写真はコダックのエクターです。





ほどける

img469_20141205213713985.jpg

ずっと気になっていたものをごっそり捨てました。
それは十数年前に目指していた『なりたかった自分』の象徴。
情熱的にやってましたが私の本質とは方向が違ったんですよね。
あえなく体調を崩してストップがかかりました。
でもそれも自分の方向を知るためだったんだと今は思えます。
それを踏まえた上で観念を書き換えたりして軌道修正をしてきましたが
なかなか腑に落ちないというかズルズル引きずっていた感じがします。
結局はそこに感情が残っていて手放せなかったんです。
今回、物理的にものを処分したことで不思議とそれらがほどけて落ちて行っているのを体感しています。
『特効薬はない』けど
日々こつこつと自分と向き合うことで自分で作った固い殻にヒビを入れてたんでしょうね。










朱色

img470.jpg

光の加減かフィルム(エクター)の効果か
なんとも言えない色になりました。
スーパーシックスを空に向けて構えていたので首が痛かったです。

今日は冷たい雨になりそうですね。
そして明日の撮影会にもかかりそうです。
小雨なら雨の日の撮影もいいかなとも。
もしくは屋内撮影ができるところ(新宿歴史博物館)をささっと撮って
危険な(わたしだけ?)カメラ店巡りに行こうかと思います。
よろしくお願いいたします〜。




6X6

img467_20141123005946d76.jpg

やはり絵はパワフル。
重量級です。。。。。




インド水塔



img006_20140613234954f33.jpg


エキゾチックな香りがするものが好きなんだな〜私。

その当時聴いていたであろう音楽で小中学生の頃にタイムスリップを試みた時に
ヒットしたのはそういう曲調でした。

『エキゾチック』という概念は人それぞれだから
私自身が一体何を感じているのか・・・・。

関西人からすると(あくまでも私の感覚)子ども心に『陰気臭い』と言われるんじゃないかと
そういう自分(の好み)を隠してしまったのかもしれません。





積み重ねる

img004_20140531103858c7b.jpg


頭痛で倒れていたもののブログでアップしてあった写真はContaxⅢa の初撮り写真。
そんな日に京都のあるお店から相互リンクのお話をいただきました。

『古美術 やかた』さん

日本人なのにまだまだ知らない日本の美や文化の世界。
いただいたご縁、大切にしたいと思います。
ありがとうございました。

「文化・芸術リンク集」→「和みの時間」



荻窪クラシックカメラクラブ

img001_20140523093119775.jpg


横浜馬車道・山下公園の写真アップしました。
友人はROLLEICORD Ⅰa Triotar で撮影。
特にTriotarのモノクロは素晴らしいです。
ちなみにこの写真はZEISS IKON Super Six Tessar で撮影しました。


荻窪クラシックカメラクラブ『温故知新』






期待する気持ち

img0051.jpg



今日は なんだか気分はがっかりしている。
(多分いつもどこかで感じているなーこれ)

発端は小さい頃に身につけた両親から愛されるための何か。
外に求めないで自分だけの私の心の充実感が欲しい。。。。

まずはがっかりしている自分といっしょにいてあげよう。
ガッカリン(横から)










Life Art Creation

img007_20140504010327fa1.jpg


思い立ったが吉日。
話が出てから1週間足らずで手元にやってきたカメラ。

不安定な天気の中不思議なことに一度も傘をささず
銀座のカメラ店をくまなく見て歩きました。
(Mizzy,MIEKO お付き合いいただきありがとう✨)

ようやく見つけた自分のメイン機という気がしてならないこのカメラ。

二重像のピントを合わせるがごとく
自分の信じていること信じていくこと、軸、立ち位置へのコミット。
そしてその先には自分の人生を自分で創造していくという
私にとってこのカメラにはそんな意味を込めたのかもしれないな。


Contax-Ⅲa
Contax Ⅲa /zeiss-opton sonnar50 f1.5







 情熱の在処


img008_20140505231823d6c.jpg

入っちゃダメー、出ちゃダメー、出しちゃダメー。
生き生き咲いているお花との対照的な花壇の鎖。

そうなんですよ。
わかってるんです。
でもいつもそこに来ると億劫になるのです。

触れたくないところでもあり一番欲してるところでもありますが
腹を決める時が来ました。




最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター