冬至


img974a.jpg

今年は昨日だったらしいです。
今日から太陽のエネルギーが復活するという切り替えですね。

挑戦せずに無為に過ごしてきた代償の大きさに去年の今頃は悶絶しておりました。
仕事を通して、数々の失敗や自分は何も役に立たないというみじめな思いもいっぱい味わいましたが、
そこを避けて通ることがより一層自分をダメな存在という烙印を自ら押すことになるんだと今は思えます。
失敗は次に同じようなことが起こった時に対処できる引き出しを自分の中で増やす為なんですね。

『つながり』『循環』『潤い』『自己表現』『自立』
これらをこの1年で経験させてもらったような感じです。

そして来年は『調和』です。
ひとつになる。

私(の魂さん)は一体どんな経験をするのでしょうか。。。。




太陽のジュース

img001_20131219114859ec1.jpg


この季節よく思うんですが、
日照時間が少なくなる頃にゆずとかミカンとか
太陽の色を連想させる果物がなるって自然てすごくないですか?

今日はちょっとお疲れモードだったのでさっそく生ミカンジュースを作ってみました。
うちには一応りっぱなミキサーはあるものの使った後の洗いものが面倒くさくてお蔵入りでしたが、
コンパクトな『お茶専用ミル』なるものを発見し試しにミカンを入れたところ
できるじゃないですか!
うっま~い!
そして元気回復。
しばらくこれで行こう。



荻窪クラシックカメラ倶楽部 写真アップ



心はあなたのもとに

img970a.jpg

最近読み始めた村上龍さんの本。
内容はともかく文章にいちいち引っかかってなかなか進まない。

『その対象的な印象はコインの裏表のようなものではない。
相互に補完し合うものでもない。同じ根から別の花を咲かせる植物のように、
折々にその違う色合いを示すだけなのだ。』

私から見たら私は正しく(善)相手は間違っている(悪)。
相手にしてみるとその人は自分が正しくて私が間違っている。
お互いに自分を見ていることは確かだけど。


善であろうとすることが悪を作るのか。
善を知るために悪が必要。

そんな世界に私はいるのかな~。

でも根っこが一緒ならどっちが正しいなんて言えないね。
どうしたいかが大事なんじゃないかな。




荻窪クラシックカメラ倶楽部 『神宮外苑』写真アップしました~



仕事

img009.jpg

在り方も仕事のうち。
そんな記事を目にしました。

自分で全部やらなきゃ・・・・。
特に仕事でお店を任される日はそういうプレッシャーが大きい。
得手不得手、私が分からない時もあるし、自分の視野が狭くなっている時には
他のスタッフの人に助けてもらえばいいじゃないかと思いなおしてその日を過ごします。
ホント人に頼るのが苦手なんだとつくづく思います。
その反面、なんで私がやらなきゃいけないの。自分でやってよ、という一面も・・・・。
相も変わらず正反対の私が。
この両面は誰も何もしてくれないという思い込み(被害者意識)や傲慢な自分も透けて見えます。

やりたくないことをやっている、やらされている。
そんな思いがあるからグルグルしてしまうのでしょうか。

何をやっているから、何かができるからではなくてどういう風にやるか。
その辺りを模索して行くのがこれからの私の仕事かもしれません。
そして行く行くは『自分のやりたいこと=仕事』になれば万々歳です。




スッピンな感じで

img969a.jpg

『私、大阪出身なんです』というと大抵驚かれる。
全然わからなかったと。
言葉にはイントネ-ションさえ出ないから。

この頃家族以外の人の前でしゃべってみたらと想像してみるんだけど、
何をしゃべっていいのかわからなくなってくる。
で、そんな自分が可笑しいのか何故か笑いが出てしまう。
(楽しんでる?)

でも否定的な思いもある。
全くもって私の固定観念と偏見ですが、
なれなれしい、だらしない感じとか。
感情がダイレクトに乗ってて話しかけられると怖い。
(この間お客さんが関西弁でビビってた)
関西出身なのに全く変な話しだけど。

話す言葉で私の状態が変わることは明らかだし
きっと素の自分に近いのは地元の言葉でしょうから。
見たくない自分かもしれないけど楽かもしれないな~。



これって・・・・

img008_20131130203545ec9.jpg

本当にそうなの?とちょっと考えてみました。

娘の成人式を前に仕事先のスタジオで私が自分で撮影しようと思ってました。
これはいいこと思いついた、幸せなことだな~と。
本当にそう思ってる?
心のどこかで引っかかっている。
また怖いのか?チャレンジな部分も確かにあるけど。

実は撮りたくないんです。
いやなんです。
世間一般にそうだから・・・・。
私の中で、形式だけで中身がないような気がして気持ちが乗りません。

もちろん子どもの成長は嬉しいしもう二十歳か~という思いはあります。
それにそれぞれの親御さんの思いを否定する気持ちはないですよ。

でもそもそも成人式って何なんですかね?
大人になるってどういうことなんですかね?

年賀状に忘年会。
これからそういうことも行事としてありますが、
個人の範囲で言えば(お店や会社を経営している方はお付き合いがありますもんね)
本当に連絡を取りたかったら取ってるだろうし
今年も良い時間を過ごせたと思えたなら忘れなくてもいいと思うし。

日常を充実させて行く方が私には魅力的だし満足するな~。

案の定、撮影を予定していた日、娘のやりたいことで外せない予定が入り、
そして私もやっぱりこの日は自分が行きたい所にフルで参加が可能に。

だもんで、撮影はまた考えます。




本当の強さ

img997a.jpg

心配するというのは相手を信頼していないということを
もう随分前から分かっていてその通りだと思う。
それをすると自分のエネルギーが枯渇して行くのも感じるんだけれど
でもやっぱり情が動いてしまうのはなかなかぬぐえない。

見守るというのは一見何もしてあげられないと無力に感じていたけれど
信じて見守るということがその人に一番力を与えてあげることなのかもしれない。

『あなたなら大丈夫』
そう言える自分になりたい。



無音の音Ⅲ

img003.jpg


饒舌です。
ずっと気づいてもらうのを待ってます。

もう少し付き合ってねと思っていたブレスレットがその後あっけなく切れてしまいました。
『力任せ』と命名してもらったそのブレスは師匠曰く任務完了とのこと。

その数日後、『力任せ』とは対極にあるかのようなリングに一目ぼれ。
繊細で柔らかくとにかくやさしい(創った作家さん自身がそうだった)。
エネルギーを友人に感じてもらったら『霧のようで全てを包み込む感じ。体の力が抜けるね』と。

私の一部なのか全部を包括するその外側にあるものなのか・・・・。
霧だけに五里霧中な感じでまだよく使い方が分かりませんが。

付けると私自身がふにゃふにゃになってしまうので仕事ではまだつけられません(笑)
そのうちバランスが取れますかね。

ip110.jpg




魂の選択

img004.jpg


中島みゆきの『夜会』を見た後に撮った一枚。
久々に号泣してトイレで見た自分の顔は別人でした。

『生んでくれて、ありがとう』(葉 祥明)
友人がプレゼントしてくれた本がここのところずっと気になっていました。
いや、もともと本棚にしまう気がしなくて頂いてからリビングにずっと飾ってあったんですが。
『生まれて来てくれてありがとう』という思いはあっても『生んでくれてありがとう』はなかなか
私にとっては衝撃で、その言葉を受け取っていいものやら。。。。

幸せが怖い私だとしたら娘を授かったことはとてつもない恐怖だったに違いない。
自覚症状として可愛く思えない自分やもう投げだしてしまいたい気持もありました。
母親として、人間としてダメだ・・・・と。
苦しかった。

でも娘と向き合わざるを得ない状況になって
今振り返って思うことはそれを持って愛を受け取る(自分に許可する)ことを
させてもらってたんじゃないだろうかと。
私の中にちゃんとあるんだよということを教えてもらってたんだなと。

今日、ようやくこの本のタイトルを受け取っててもいいかなと思えたのでした。

IMG_1282.jpg
。。。。harumiありがとう。。。。

いろんなことを完了していくな~と思う今日この頃です。


またもや

img844a.jpg


焦りと不安が押し寄せて何がこんなにも助長させるのか・・・・。
自分が思っている以上に競争すること、スピードアップ、人と比べることに対して
気が狂いそうなほどストレスを感じている。

そんな日は仕事もそういう状況になりそういう時に限って後が詰まっているのに
お客さんは撮影前の準備をゆっくりゆっくりされる・・・・・。

私の内側は大荒れで大変です。
『早くしろーーーーー!』
(これだけじゃないです。罵詈雑言諸々。。。。)
これが私自身を焦らせるんだなと。

全ては私が発信元です。
やれやれ。




最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター