春分の日に


_IGP0564ke.jpg


昨日の卒業式は雨となりでも彼女らしいな(雨女)と。
でも式が終わる頃には上がって太陽も顔を出し、良い卒業式でした。
4年前の自分を振り返っただけでも今の自分との違いを相当感じて
時間の流れの中で変化したことを実感しました。
さらにブログを読んでお祝いのメッセージをくれた仲間(ありがとう)に
その返信を書くことで思いは彼女が生まれた時にまでに遡りました。
娘のことでも自分自身のことでも自分が経験して来たことが通用しないことだらけで試行錯誤してたんだなと。
今、それぞれの事象の糸がバラバラに紡がれていたのがここへ来て一本の太い糸になるような気がしました。
どんな時も人に支えられてそして深いところでは自分の何かが支えてくれている。
過去の自分に大丈夫だよとエールを送ってあげよう。
そしてここも一つの通過点。
さて運転席に戻りますか。







フォロー


_IGP0472ke.jpg

するつもりがフォローしてもらうという。
(関わったくれた皆さん、ありがとう〜)
そういうところではすぐ自己否定が入ってしまっていたけれど
全然恥ずかしいことではないんだね。
助けることが偉くて助けてもらうことがダメでみたいな、私の中の窮屈な思い込み。

でも今日のように
子ども時代の私もすぐ舞い上がって落ち着きがなくてこの子は大丈夫だろうかと
親は心配になっただろうなと思いました。。。。。





光陰矢の如し



_IGP9918ke.jpg


時間の経つのが早い。。。。。




田園



_IGP0539ke.jpg


北近畿丹後鉄道の車窓より。
この辺りはコウノトリの里だったかな。

北風と太陽とどちらが正しいか間違いかもなくどちらを選ぶも自由。

水温む春を感じる風景に雪解けとか氷解という言葉が浮かんでいます。





選択のグラデーション



_IGP0546ke.jpg


本当は力を持っているのに放棄してしまっている人や
自分のことしか考えない人に腹を立てていたのに
全部自分がそうなっているという😰

一方で自分の力を信じてチャレンジし続けている人
他人のことも考えて(理解しようとして)いる人もまた同時に私の前に存在しているという。

私は選択のグラデーションの中にいるんだな。





放棄



_IGP0590ke.jpg

できないブー。
疲れたブー。
やる気が起きないブー。
コレは私の一部(ブー)🐷。





灯り



_IGP0517ke.jpg

力を借りて一歩ずつ。





かいぼり



_IGP0452ke.jpg

井の頭公園の池の水が全部抜かれてました。
露になった池の底には何も残っていませんでしたが。

アレもコレも自分が望んだ通り、シナリオ通り。
私もかいぼり。




急がば回れ



_IGP0519ke.jpg






その時



_IGP0536ke.jpg







最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター