雨上がり


_DSF9330.jpg


先日テレビで見た写真家の方の写真が
新宿のとあるカメラギャラリーで展示されているのを知って出掛けました。
(ついでにカメラも触ってこようと)
駅のホームで電車を待つ間に私の頭の中では
どうやったらあんな写真が撮れるのか見てこよう。
構図なのか、レンズ?絞り?シャッタースピード?露出?。。。。。
それも必要なことなんだけどだんだん気持ちが固くなって行く。
ふと、そうだ波動をコピーしに行こう。
展示されている写真には全ての情報が入っているはず。
何よりもその方の在り方が。
写真展ってあまり足を運ばなかったけれどそういう効果はありそう。
モチベーションも上がるんじゃないかと。
来月の撮影会に関係ありそうな展示も始まるようなので
また行ってみたいと思います。



さてと


_DSF9313.jpg

消極的なエネルギーは消極的な現実しか生まないと
この間のワークで教えてもらって(波動の連鎖だから)
またレンズやアダプターを物色し始めたのですが
友人たちのフルサイズのミラーレス一眼での写りを見てしまうと
教えてもらったアダプター(縮小光学系)の写真にううーんと二の足を踏んでしまう自分が。
これは守りに入ってるのか?とかいろいろ思ってた矢先に
フジから新しいそれも中判のデジタルカメラが出るという情報に行き着き
これは!と思ったのも束の間、
お値段(100万円以上〜)重さ800グラム(レンズ付けると1キロは超えますね)でしぼみました。
でもこれはどこかでやった感覚。
人と違うもの(ここまではいいとしても)もっと大きいもの高いもの!
(欲求は否定しないけどこれはあれじゃない?等身大等身大・・・・・)
それは無理としても自分の欲求を無きものにしない、自分を飽きさせない諦めないという意味で
また違うレンズのアダプターを買いました。
気持ちをつないでつないで。


条件付け


_DSF9321.jpg

免罪符のように、
〜したら認められる。
〜したら変われる。
それはそれで自分にとって正しいと信じていたし
そこまでの強い思い(願望)だったのかと今更ながら思う。




信じてみようかな


_DSF9392_Fotor_20160914234650249.jpg

本日は接客のスキルアップ研修に参加。
あんまり行きたくな〜いけれど今年は私の番。
でも行ってみて仕事を初めて1年目に参加した時と比べると
ずいぶん私が提案できることが増えていたことは
このざっと4年の歳月の間に自分なりに成長していたんだなと思えて嬉しかった。

さてその先にあるのがロールプレイング出場だったのですが
これが嫌で嫌で憂鬱になってたのです。
審査員の前で接客を披露する😰
いや〜もう勘弁してほしい〜。

ここ数日そういうことに対する自分の感情とか恐れとかに向き合って
今日の研修で『もうこれは腹をくくってやろう!』と決意。
そうしてお店に帰ってきたら、なんと『今年は出場しないから』と(!?!?)

もしかしたらそういう現実を創造(選択)できるんじゃないかと思ってたからびっくり👀
何で上手く行ったんだ?
無理かもしれないけれどなぜそうなるかは置いといて
一応自分の理想を選択(想像)してその後は自分で出来ることをやったのが良かったのかな。
今日はそんなことがもう一つあって、これはもしかして。。。。。
いつもならラッキーで終わるところだけどこれはちゃんと刻んでおこう。

私は私の現実を選択していいんだと許された気持ちにもなりました。




憂鬱感


_DSF9382_Fotor.jpg

私の脳内鬱々写真😱
1ヶ月後に迫ったあることで憂鬱になっている。
私の中の憂鬱感がそれを引き寄せてた気もする。
夜中に目が覚めて同じことを頭の中でトレースして眠れなかった。
そんなことをしても何の解決にもならないのに。
久々に出てきてるー。



全部入る


_DSF9291.jpg

統合状態を撮ってる図。
どこに回っても私は写ってしまう。
球体って面白いな。

意識がボワ〜ッとして虚ろな時にファインダーをのぞいてピントを合わせていると
自分に戻って来る感覚がありました。
シャッターを切った後、元気になっている自分に気づきました。
写真は今ここに居る感覚を思い出させてくれるツールなんだな〜。

最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター