江戸東京博物館

DSCF1691.jpg

同じ電車に乗っていたらしくほぼ同時に駅の階段を降りて来たところで遭遇して
そんなシンクロで始まった今日の撮影会。
駅前で開かれていた骨董市を覗いてみたり、せっかく両国に来たのだからと
国技館に足を伸ばしてみるとちびっ子たちの相撲大会と。
いろいろと寄り道しながら博物館へ到着。

暗めの館内を試行錯誤しながらフィルムで撮影。
おまけに蛇腹と二眼カメラで撮っている人は私たちだけ(笑)
古いカメラで撮るとどんな感じなのかの方が楽しみであまり気にしてなかったですが。
それに昔の時代のリズムと雰囲気には合って(同調して)いるような気がして
むしろゆったりした時間が心地良かったです。
(タイムスリップしたかな?)
本日もありがとうございました。


DSCF168801.jpg




耐性


_DSF0024.jpg

11月スタートの今日(昨日)、仕事はクレーム三昧😰
でも気持ちは分かる。
だから私自身あまりダメージを受けていない気がする。




📷11月撮影会



耳を傾ける

_DSF9932.jpg

自然な流れを待つ。
言いくるめること無くごまかすこと無く、自分の感情に寄り添う日々でした。
朝からの頭痛も治まりようやく抜けたかな。。。。。




📷11月撮影会




外に出よう


_DSF9875.jpg


今週は仕事といってもお店にはいないで外に出ることが多い。




📷11月撮影会






幹に近づいている


_DSF9861.jpg

自分が正直になれば人に迷惑がかかる。

色々な枝葉の部分で思い悩んでいたこと
自分ではどうしようもないこと(感情)と諦めていたことが
ここへ来てそれらを通して自分がどう生きたかったのか
テーマを教えてくれている気がする。




塩梅


_DSF9862.jpg

やらなくてはいけないこと
やった方がいいこと
やりたいこと
何もしないこと
曖昧にしていた選択を一つ一つやって行く中で自分のスタンスが見えてくるかな。



一段ずつ


_DSF9849.jpg

動くことでそこで感じるもの、自分の声(ニーズ)が聞こえてくる。




光りの道


_DSF9873.jpg

曖昧だったところを丁寧に少しづつ決めていく。

その昔、自分の中では割と判断基準がはっきりしていたのですが
あるところ(時期)から崩壊してそのままずっと来てしまって。
いろんな視点があることを学び理解、尊重しながらも
自分の視点も養って行きたいなと。





読書の秋


_DSF9859b.jpg

日常の当たり前のことを感謝できるように。

毎日の家事。
いつも今日もまた・・・・と否定的になってしまっている(あるいは無意識)。
そんな自分も受け入れつつ、ちょっとした思いつきで(嘘でもいいから)
それが出来ることの幸せを感じているという立ち位置に自分を置いてみた。
なんか少し違うかも♪


秋の気配


_DSF9864.jpg

自分のスタンスということに触れようとすると
決めたくない自分がするすると逃げて行くような。
苦手なんだな〜。
私どうしたい?


最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター