象徴

DSC_0851.jpg

どんな自分も(自分で)愛している(愛することが出来る)ひと。

私の知りたかったこと、なりたい自分。






その後

DSC_0020.jpg

おかげさまでずいぶん良くなりました。
痛みの真っ只中にある時は視野が狭くなってのまれてましたが
治療してもらっている先生を始め
心配してメールをくれたり、上手く行っているからこそ、必要なことが起きていると伝えてくれた仲間
他にも多くの目に見えないサポートを送ってもらっていたんだと思います。
ありがとうございました。

歩けるうちにと駆け込んだ病院の先生に
『もっと前から体は悲鳴を上げてたよ、頭で動いている』と言われてしまいました😰
絶句。

当たり前のことが出来なくなって転がっている他ない状態が3日ほど続きました。
動けなくなってみて何かしていることで不安や焦りをごまかしてたんだなと思いました。
することがなくつけていたテレビからは自分の中の葛藤と向き合う人の話ばかり。
私はこんな風に向き合ってこなかったなと。
すぐに切り替えて動き出す方がポジティブで強いんだと思っていました。
時間がかかってもみっともなくても受け入れてそこから出て来た人は清々しかった。
それが本当の強さなんだと思いました。

感じないようにしていると肯定的にも否定的にも
感じる為にはさらに大きな刺激が必要になるでしょう。
そしてそれは放っておくとどんどんエスカレートするんだろうなと思います。

着替えには30分かかり、今日は何歩歩けたとか、お風呂に入れたとか、
寝返りが打てるようになったとか、歯磨きがこんなに体に響くのかとか、初めて気がつくこと満載。
どんな動きもここが基点になっているんですね。
骨の出っ張りはまだ残っていますが
気にすることでかえって意識が散漫にならないくていいかもしれません。
(クシャミのたぐいは特に用心💦)

あせらずゆっくり日常生活に戻しております。





一から出直し

DSC_0098.jpg

繋がるということの理解が浅かった。





佇まい

DSC_0224.jpg

昨日の博物館の影響か
日本家屋の素材やデザインのそこかしこに漂っている
繊細で優しい空気感はあらためていいものだなと感じます。




都会のカラス

ゆったり

DSC_0265.jpg

クラロヴィットⅡのファインダーが割と見やすいとはいうものの
デジタルのようなオートや拡大してのピント合わせは出来ないので
被写体が小さくなるほど『合ってんのかな〜?だいたい距離は合ってるか、
または絞っているからどこかには合ってるだろう』なぐらいで撮ってました。
意外と合ってた!とか全然ダメじゃん〜⤵️とか。
それはフィルムが上がって来た時のお楽しみということで。



1月撮影会📷




生きている

DSC_0200.jpg

昨日の『受容する力』は『受容する柔らかさ』の方がしっくり来るなとちょっと思ってます。
(力だと力(りき)んでしまいそうで)

シェア会でのやり取りはそれはそれはマニアックで楽しく
生きることにむなしさを感じていた自分を少し引いてみられるようになったからか
自分の望む方向へと舵を切り出したみんなの話が新鮮で素直に入ってくる感じがしました。

今日もありがとう。



1月撮影会📷



光が入る


DSC_0241.jpg


むなしさを感じている自分。
感じないように、出さないように隠そうとするからしんどくなる。
自分の基盤(軸)はまだこっちにあったんだ。





水仙


DSC_0220.jpg


やっと気持ちが落ち着いて来ました。

大晦日に親戚の訃報。
それを持ちつつの年越しでした。

明日のお通夜で私なりの感謝とお別れをして来ます。



葉牡丹に


DSC_0051.jpg


ひとしずく。







最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター