おさな心


img098_2016050821592961c.jpg

『何も要らんからいいよ』という母親なので
母の日にいつもは何も聞かずに送ってしまうのですが
今年はどれも自分の中でピンと来ないので聞いてみたところ日除け用の手袋が良いと。

お金を使わせたくないという母の思いとその中から今欲しいものを考えてくれたみたいで。
普段は入らないような昭和の雰囲気漂う衣類専門店で見つけたそれは小学生でも買えるようなお値段。
そのお店の雰囲気も手伝ってか小学校の頃暮らしていた社宅での記憶が頭をよぎっていました。

休日に誰もいないんじゃないかと思うような静まり返った社宅の庭で一人
晴れた空にはいつもセスナ機が宣伝をしながら飛んでいてそれをよく見上げて聞いていましたっけ。
私は寂しかったのかと思ったけれどどこかあったかくて包まれているような感覚が。
と同時に母に対する愛しいような恋しいような想いも湧いて来て
この感情はよく感じていたことを思い出し、そうそう私の中にあったわ〜と。
いつの間にか随分と複雑にしてしまって。
あの頃も私は愛していたし愛されていたし幸せだったのよね。

手袋だけとはさすがにいかないので他にも色々と母の好きそうなものを詰めて送ろうと思います。
今日は良い買い物したな〜。
そして何より私の方がギフトをもらいました。







Comment

Comment Form
公開設定

最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター