その後

DSC_0020.jpg

おかげさまでずいぶん良くなりました。
痛みの真っ只中にある時は視野が狭くなってのまれてましたが
治療してもらっている先生を始め
心配してメールをくれたり、上手く行っているからこそ、必要なことが起きていると伝えてくれた仲間
他にも多くの目に見えないサポートを送ってもらっていたんだと思います。
ありがとうございました。

歩けるうちにと駆け込んだ病院の先生に
『もっと前から体は悲鳴を上げてたよ、頭で動いている』と言われてしまいました😰
絶句。

当たり前のことが出来なくなって転がっている他ない状態が3日ほど続きました。
動けなくなってみて何かしていることで不安や焦りをごまかしてたんだなと思いました。
することがなくつけていたテレビからは自分の中の葛藤と向き合う人の話ばかり。
私はこんな風に向き合ってこなかったなと。
すぐに切り替えて動き出す方がポジティブで強いんだと思っていました。
時間がかかってもみっともなくても受け入れてそこから出て来た人は清々しかった。
それが本当の強さなんだと思いました。

感じないようにしていると肯定的にも否定的にも
感じる為にはさらに大きな刺激が必要になるでしょう。
そしてそれは放っておくとどんどんエスカレートするんだろうなと思います。

着替えには30分かかり、今日は何歩歩けたとか、お風呂に入れたとか、
寝返りが打てるようになったとか、歯磨きがこんなに体に響くのかとか、初めて気がつくこと満載。
どんな動きもここが基点になっているんですね。
骨の出っ張りはまだ残っていますが
気にすることでかえって意識が散漫にならないくていいかもしれません。
(クシャミのたぐいは特に用心💦)

あせらずゆっくり日常生活に戻しております。





Comment

Comment Form
公開設定

最新記事
プロフィール

tomoko

Author:tomoko
1968年 大阪生まれ
東京在住。
既婚・♀。
※掲載物の無断転載・複写・複製
および商用利用は固くお断りいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター